MENU

乾燥肌の人の美白ケアについて

乾燥肌でも美白に力を入れたいと思っている人は多いと思います。しかし、乾燥肌の人は美白ケアには向かないと言われる事が多いです。なぜ、乾燥肌の人は美白に向かないのでしょうか。また、乾燥肌の人が美白をしたい場合、どのようなスキンケア製品を使っていけば良いのでしょうか。

 

まず、なぜ乾燥肌の人が美白には向かないということですが、いくつが理由が挙げられます。それは、

 

1.保湿成分が入っていない美白のためだけの製品が多く、それを使ってしまいがちになるため
2.美白=夏のケアと思い込んでしまい、さっぱり系の製品を使ってしまいがちになるため
3.美白成分のメラニンをはがれやすくするという働きが乾燥を招いてしまうから

 

という事などが挙げられます。

 

敏感肌の人が美白ケアをしていく場合ですが、成分に注意してスキンケア製品を選に必要があります。AHA成分は肌の乾燥を促してしまう可能性があるので避けた方がいいようです。反対に、あったほうが良い成分はセラミドです。セラミドは保湿効果を高める効果があるので、これはぜひ取り入れたい成分ではないかと思います。また、天然の成分で美白効果のあるビタミンCやアルブチンも良い成分ではないかと思います。

 

これらはメラニンの生成を抑制し、抗酸化作用や肌の炎症の沈静化を促す成分として厚生労働省に認められていますので、乾燥肌の人が美白の化粧品を選ぶ時には参考にすべきことではないかと思います。

 

最近では、乾燥肌向けの美白化粧品も増えてきているようですので、成分表示に気をつけながら、色々と試してみると良いのではないでしょうか。