MENU

乾燥肌向けの納豆美容液とは

乾燥肌対策の1つとして、納豆に注目が集まっているのをご存知でしょうか。メディアでも取り上げられた事があるようなのですが、納豆を使って手作りで美容液を作る事ができるようです。この納豆美容液は、乾燥肌にとって具体的にどのような効果があるのでしょうか。また、作り方のコツなどはあるのでしょうか。

 

ご存知のように、納豆はネバネバする食べ物です。このネバネバは、ムチンとポリグルタミン酸という成分で作られています。この2つには保湿や美肌効果があると言われています。よって、納豆には保湿因子を増やしたり、肌のバリア機能を高める効果が高いとされています。

 

その納豆の保湿効果を堪能出来ると話題になったのが納豆美容液です。納豆美容液は、納豆、水、無水エタノールがあれば作れるようです。納豆が白っぽくなるまで混ぜる→別の容器に入れネバネバを洗うように混ぜる→水がとろっとしてきたらガーゼでこす→無水エタノールの中にこしたものを入れる→はしで混ぜていくとネバネバの成分が巻き付いてくるので、それを新たな水に完全に溶かすと完成となります。

 

ネバネバの成分をはしなどで混ぜて取り出す工程が難しいようですが、時間をかけて無水エタノールの中にこした液を少しずついれるということを忠実にすることによって成功率が上がるようです。

 

また、最後に完全に溶かす工程も難しいと言われているのですが、これは一時間ほどシェイクすることで溶かす事が出来るようです。
初めて作ると手間がかかり難しいようですが、成分的には天然成分なので、市販の保湿美容液だと心配という人は一度試してみると良いのではないかと思います。